もっと 福祉心理士の
活動を知ろう!

 



日本福祉心理学会の発展を願う

【理事長ご挨拶】

>> 過去のお知らせ

■ (New!) 2016年3月17日 2016年度「福祉心理士」資格申請の手引き

「福祉心理士資格認定委員会」からつぎの3点につきお知らせいたします。

  (1) 2016年度から審査の類型がこれまでの4類型から6類型となり、
     新たに「准福祉心理士」の資格が認定されます。
  (2) 2016年度の資格申請期間は4月1日~6月30日となります。
  (3) 資格認定委員会事務局が下記へ移転しました。

     日本福祉心理学会 資格認定委員会事務局
     〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
     東京家政大学 金城 悟 研究室内
     Email: janphssikaku@gmail.com

※2016年度に資格申請を希望する会員は「学会資格」のページを確認いただき、資格認定委員会事務局まで申請書類をEメールにてご請求ください。

■ (New!) 2016年3月1日 日本福祉心理学会第14会大会のホームページが開設されました。

第14回大会ホームページ: http://janphs14.org/ 

※参加申込希望者は大会ホームページから「参加申込票」をダウンロードし、必要事項を記入した上、5月6日(金)までにお申し込みください。

  • 参加申込期限:5月6日(金)まで
  • 研究発表申込期限:5月6日(金)まで
  • 抄録原稿申込期限:5月13日(金)まで
  • 自主シンポジウム申込期限:5月6日(金)まで

開催:2016年7月2日(土)~3日(日)
会場:筑波大学 筑波キャンパス 大学会館A棟

<大会ホームページから大会案内及び各種申込書がダウンロードできます>

  1. 大会 案内資料・プログラム
  2. 参加申込票
  3. 福祉心理学会・自主シンポジウム様式(テンプレート)
  4. 福祉心理学会・ポスター様式(テンプレート)
■ 2015年12月30日 日本福祉心理士会ニューズレターの発行について

日本福祉心理士会のニューズレターが発行されました。
日本福祉心理士会ニューズレター(No.2) [PDF] 

<記事の概要>
特 集:「福祉心理学とは?―会員の実践・研究から(1)―」
福祉心理学会は2002年に準備委員会が発足し、2003年に第1回の大会が開催されました。現在、13年目を迎えるまだまだ新しい学会です。そのため、学会の基盤とする「福祉心理学」という学問体系についても定義、理念、理論、対象、領域などは十分に定まっておらず、発展途上にあります。
「福祉心理士」は日本福祉心理学会が認定する資格であり、福祉サービスを利用する人のアセスメンを行ったり、サービス利用者やその家族、そして、そこで働く職員の福祉心理相談・ 支援を行ったりするうえで専門家として求められる基礎学力と技能を修得していると本学会が認定した人のことです(HP)。しかし、その実際は十分に周知されているわけではありません。
ニューズレター委員では、会員の実践・研究から発展途上にある福祉心理学や福祉心理士について浮き彫りにしようと本特集を企画しました。各会員から、読み応えのある原稿が届いています。ぜひ、ご覧ください。
次号以降もこの企画を継続していくことを考えています。みなさまからの積極的なご意見もお待ちしております。

  • サポート・バンクを豊かに!
      十島 雍蔵   (社会福祉法人 吾子あこの里 理事長)
  • ダウン症青年の社会的自立について
      宮本 文雄   (東日本国際大学福祉環境学部)
  • 社会的養護の現場における福祉心理学の課題と展開
      大迫 秀樹   (九州女子大学 人間科学部)
  • 福祉心理学に期待する私の思い
      大西 良     (長崎国際大学 人間社会学部 社会福祉学科)
  • 児童相談所での児童心理司
      高田 真規子  (東京都世田谷児童相談所)
  • 放課後児童クラブと子ども家庭支援について
      田中 周子    (立正大学心理臨床センター)
  • 事務局からのお知らせ
    1.  関東地区研究会・研修会の開催
    2.  九州地区研究会・研修会の開催
    3.  福祉心理士会第2回全国大会の開催
■ 2015年11月16日 福祉心理学会第14回大会(案内)
  • 日時:2016年7月2日(土)~3日(日)
  • 会場:筑波大学 筑波キャンパス 大学会館 A棟
    (アクセスマップ:http://www.tsukuba.ac.jp/access/
  • テーマ:「日本における乳幼児保育・教育・福祉を展望する」(仮)
  • 大会準備委員会 委員長 鄭 仁豪 ・ 事務局長 山中 克夫
  • 大会案内の送付:2016年1月(予定)
2015年9月15日 第13回大会「大会案内」について

大会案内がダウンロードできます。

<掲載記事の内容>
(1)ご挨拶
(2)大会スケジュール
(3)特別企画
(4)自主シンポジウム
(5)研究発表(ポスター発表)
(6)研究発表(口頭発表)
(7)参加者へのご案内

     大会案内ダウンロード [PDF] 

2015年9月9日 学会誌発行に関するお知らせ

「福祉心理学研究」第12巻発行と第13巻の投稿論文募集について

※第13巻の論文の投稿〆切を10月13日(火)に延長しました。
 皆様からの奮ってのご投稿をお待ちしています。

     投稿論文募集についてダウンロード [PDF] 

■ 2015年7月30日 第13回大会 申込票ダウンロードのお知らせ

第13回大会の「大会参加申込票」「研究発表(ポスター発表)申込票」「研究発表(口頭発表)申込票」「自主シンポジウム申込票」がダウンロードできます。

     申込票ダウンロード [Word] 

大会実行委員会事務局長 鈴木 康明
yasuzuki@ed.tokyo-fukushi.ac.jp

■ 2015年7月1日 第1号通信発行と締切期限変更のお知らせ

第1号通信を会員宛に発行いたしました。参加申込等の期限が 6月1日付のホームページに掲載された期限から変更となりましたので、 第1号通信の諸手続きをご確認いただき、ご注意くださいますよう願い申し上げます。 多くの会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<期限変更>

  1.  大会参加・研究発表・自主シンポジウム申込期限:8月3日(月)
  2.  研究発表・自主シンポジウム抄録原稿提出期限:8月18日(火)
■ 2015年6月15日 学会後援「公開シンポジウム」開催のお知らせ
  • テーマ:手をとり合おう!教育と福祉!~共生社会の実現を、教育と福祉から考える~
  • 日 時:7月18日(土) 13:00-15:00
  • 会 場:東京成徳大学 AVホール
  • 参加費:無料 ※当日参加可
  • 資料 [PDF] 
■ 2015年6月1日 日本福祉心理学会第13回大会準備委員会からのお知らせ
    ~大会参加・研究発表申し込み期限及び研究発表原稿提出期限の変更について~

先にお葉書にてお知らせいたしておりました日本福祉心理学会第1号通信の発送が遅れておりますこと、心からお詫び申し上げます。
遅れてはしまいましたが、大会の日時は10月11日(日)12日(月・祝日)(なお、10日(土)は福祉心理士の研修会の予定)と変わらず、発表申し込みや原稿の締め切りのみ変更をお願い申し上げます。
誠に勝手なお願いで恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
また、研究発表はポスターのみでなく、口頭発表もできないかと現在考えており、それに関しましても1号通信でお知らせ申し上げます。

  1.  大会参加・研究発表申し込み期限:7月10日(金)
  2.  研究発表原稿提出期限:7月31日(金)

なお、第1号通信の発送は、6月中旬となります。論文集発送は、9月中旬を予定いたしております。

大会実行委員会事務局長 鈴木 康明
yasuzuki@ed.tokyo-fukushi.ac.jp

■ 2015年5月27日 福祉心理士会「公開研究会・シンポジウム」開催のお知らせ
  • テーマ:テーマ:明日の社会的養護を語る~児童福祉の現場から~
  • 日 時:6月27日(土) 13:00-15:00  (12:30受付)
  • 会 場:茨城キリスト教大学 11号館11206教室
  • 参加費:無料 ※予約不要、当日参加可
  • 資料 [PDF] 
■ 2014年12月30日 日本福祉心理士会ニューズレターの発行について

日本福祉心理士会のニューズレターが発行されました。
日本福祉心理士会ニューズレター [PDF]