もっと 福祉心理士の
活動を知ろう!

 



日本福祉心理学会の発展を願う

【理事長ご挨拶】

>> 過去のお知らせ

■ (New!) 2018年7月31日(火) 日本福祉心理士会ニューズレターの発行について

日本福祉心理士会ニューズレター(No.7)が発行されました。

<記事の概要>
特集1:「福祉心理学とは?—会員の実践・研究から(6)—」
 ・東日本大震災と心理援助
   渡部純夫(東北福祉大学教員)
 ・学校におけるソーシャルワークの有用性について
   船山克美(福島県県南教育事務所・福島県泉崎村スクールソーシャルワーカー)
 ・学校臨床の場での実践
   齋藤祐子(東京都公立校スクールカウンセラー,立正大学心理臨床センター)

事務局からのお知らせ
【2018 年度 全国大会】
   日時 2018 年 12 月 9 日(日)12:20〜12:50(受付 12:00〜)
   場所 静岡大学 静岡キャンパス
【公開研修会・研究会の募集】

日本福祉心理士会第7号(PDF)

■ (New!) 2018年7月17日(火) 学会誌「福祉心理学研究」第16巻 投稿論文募集について

1.受付期限 平成30年9月15日(土)
2.送付先 〒116-0011 東京都荒川区西尾久7-12-16
      創文印刷工業(株)内
      福祉心理学研究 編集事務局

 皆様からの奮ってのご投稿をお待ちしています。

第16巻 投稿論文募集案内(PDF)

■ (New!) 2018年6月28日(木) 日本福祉心理学会第16回大会のお知らせ(2)

第16回大会開催に向けて,会員の皆様に大会案内をお届けする準備が整いました。
7月上旬には皆様に向けて発送いたしますが,HP上でもご覧いただけるようにしています。
また,発表抄録や自主シンポジウム抄録の書式,予約参加申込書類もダウンロードしてご利用いただけます。
発表や自主シンポジウムの申込,参加の申し込みをお待ちしています。

〈ダウンロード〉
1.大会案内PDF
2.大会ポスター
3.大会参加申込
4.発表抄録書式
5.自主シンポジウム書式

■ (New!) 2018年6月12日(火) 日本福祉心理学会第16回大会のお知らせ

会期:2018年12月8日(土)~9日(日)

会場:静岡大学
   〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836

<申込等期限>
・大会参加申込:8月10日(月)まで
・研究発表申込:8月10日(金)まで
・自主シンポジウム申込:8月10日(金)まで(シンポジウム採択の可否をHPに掲載する日:8月下旬)
・論文集抄録原稿提出:9月14日(金)まで
・大会諸費用払込:9月28日(金)まで
・2018年度会費払込:9月28日(金)まで ※早めに納入ください

◆大会案内発送予定日:2018年6月中旬

大会ポスター(PDF)

■ (New!) 2018年5月1日(火) 学会事務局のメールアドレス変更のお知らせ

学会事務局のメールアドレスがつぎに変更となりました。

旧:janphs@janphs.jp
新:janphs.office@gmail.com

■ (New!) 2018年3月29日(木) 第3回 九州福祉心理士研究大会 開催報告

平成30年3月21日(水)、筑紫女学園大学において九州福祉心理士研究大会が開催され、多くの皆様にご参加いただき、無事終了いたしました。

開催報告(Word)

■ (New!) 2018年3月22日(木) 平成29年度 四国地区公開研修会 開催報告

平成30年2月17日(土)、聖カタリナ大学において四国地区公開研修会が開催され、多くの皆様にご参加いただき、無事終了いたしました。

開催報告(PDF)

■ (New!) 2018年2月9日(金) 「日本福祉心理学会 福祉心理士会公開研修会」開催のお知らせ

・テーマ:シンポジウム「福祉現場における心理的アプローチ」
・日 時:2018年2月24日(土)
・場 所:茨城キリスト教大学
・参加費:無料
・内 容:児童・障害の福祉現場における心理的アプローチの実践やその成果について、福祉現場からお話しいただきます。
 また、行政から今後の福祉政策の方向をお話しいただきます。
 これらを通して福祉現場での心理的アプローチの可能性を考えていきたいと思います。
・参加方法:予約は不要です。当日お越しください。

【資料】関東地区シンポジウム:案内チラシ

■ (New!) 2018年1月18日(木) 日本福祉心理士会ニューズレター(No.6)の発行について

日本福祉心理士会ニューズレター(No.6)が発行されました。

日本福祉心理士会ニューズレター(No.6) [PDF] 

<記事の概要>

特集1:「福祉心理学とは?―会員の実践・研究から(5)―」
支援の現場に通用する理論を大切にした実践研究
 -野口幸弘(西南学院大学)
福祉心理学・支援の必要な子の教育・福祉心理士の役割
 -野村勝彦(作新学院大学)
地域の中で対話を通じて健康を学ぶ
 -大部令絵(日本女子大学)

事務局からのお知らせ:公開研究会・研修会について
 ① 全国大会(総会及び公開研修会)
 ② 関東地区公開研修会
 ③ 四国地区公開研修会
 ④ 関東地区公開研修会
 ⑤ 九州地区公開研究会

■ (New!) 2018年3月21日(水・祝)日本福祉心理学会・福祉心理士会「第3回九州福祉心理士会研究大会」開催のお知らせ

・テーマ: 第3回九州福祉心理士会研究大会「生活を支える福祉心理学」
・内 容: 今年の大会テーマは『生活を支える福祉心理学』で、基調講演ならびにシンポジウムを行う予定です。
 基調講演では、東京家政大学特任教授の網野武博氏をお迎えし、「福祉心理学のこれから」というタイトルで講演をしていただきます。
 またシンポジウムでは、福岡県内で活躍される児童、障がい、医療、高齢福祉分野の実務者の方々に、日頃の業務等において直面している課題やその対応、今後の展望などについてお話いただく予定です。
 最前線で活躍する方々から多くのサゼッションをいただける機会になると思います。
・日 時:2018年3月21日(水・祝)13:00-16:00
・会 場:筑紫女学園大学 スクヮヴァティーホール(福岡県太宰府市石坂2丁目12番1号)  
・参加費:無料 ※事前申し込み不要
・問合せ:筑紫女学園大学 人間科学部人間科学科 大西良
     092-925-3511(TEL)r-oonishi@chikushi-u.ac.jp(E-mail)

資料 [word]

■ (New!) ■ 2018年2月17日(土)日本福祉心理学会・福祉心理士会「公開研修会」開催のお知らせ

・テーマ: 福祉現場のやる気を引き出す取り組みとは
      -経営と現場の一体化を目指す福祉心理的アプローチ
・内 容: 働きやすい職場環境づくりとは何か、働きがいのある仕事とは何か、先駆的な施設の取り組み事例を踏まえながら、福祉心理学的アプローチの視点から経営・管理者、現任者、そして福祉学生それぞれの立場で、「今」とこれからの福祉の「未来」を共に考える。
・日 時:2018年2月17日(土) 13:00-16:00
・会 場:聖カタリナ大学 2号館2階 224教室(愛媛県松山市北条660)
・参加費:無料 ※事前申し込み制
・申 込:089-993-0900(FAX) muraoka@catherine.ac.jp(E-mail)
・問合せ:089-993-0702(代表)  089-909-6093(直通)

資料 [PDF]

■ (New!) ■ 2017年10月26日(木)日本福祉心理学会・福祉心理士会「公開シンポジウム」開催のお知らせ

・テーマ:発達障害・行動上の問題がある子どもの理解と支援
・内 容:本企画は、発達障害・行動上の問題がある子どもの理解と支援について、「個の理解」と「環境(家庭・学校・地域・施設)づくり」に焦点を当てた実践的な内容をお伝えします。
 講師には、困難を抱えた子どもの支援に長年取り組んできた専門家を迎えています。
 講義と国立武蔵野学院の見学を通して、その実際を理解していただくことができると思います。
・日 時:2017年11月25日(土) 13:00-17:00
・会 場:国立武蔵野学院 研修棟(さいたま市緑区大字大門1030番地)
・参加費:無料 ※事前申し込み制
・申 込:https://sites.google.com/view/fukushi2017shinri/
・問合せ:fukushi2017shinri@gmail.com

資料 [PDF]

■ (New!) ■ 2017年10月25日(水)日本福祉心理学会第15回大会報告

平成29年7月8日(土)・9日(日)、九州女子大学において日本福祉心理学会第15回大会が開催され、多くの皆様にご参加いただき、無事終了いたしました。

第15回大会報告(PDF)

■ (New!) ■ 2017年7月17日(月)公認心理師関連情報

一般社団法人日本心理学諸学会連合事務局より公認心理師に関する情報が届きました。
当該サイトのHPアドレスはつぎの通りです。
なお、公認心理師に関する情報は日心連のホームページに今後も掲載されますのでご確認いただければと存じます。

HPアドレス  https://jupa.jp/
 ・日心連社員総会 質疑応答の要点(公認心理師に関するQ&A)
 ・公認心理師科目 英語表記

■ (New!) ■ 2017年7月11日(火) 学会誌『福祉心理学研究』第15巻 投稿論文募集について

1.受付期限 平成29年9月15日(金)
2.送付先 〒116-0011 東京都荒川区西尾久7-12-16
      創文印刷工業(株)内
      「福祉心理学研究」編集事務局

     投稿論文募集についてダウンロード [PDF] 

 皆様からの奮ってのご投稿をお待ちしています。

■ (New!) 2017年6月10日(土) 日本福祉心理学会第15回大会開催のお知らせ(3)

大会ホームページを開設いたしました。

今後は、大会ホームページに関連情報を掲載させていただきますので、ご確認のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 HPアドレス:http://wisdom.kwuc.ac.jp/hattatsu/horie/janphs15.html

■ (New!) 2017年6月1日(木) 日本福祉心理士会ニューズレター(No.5)の発行について

日本福祉心理士会ニューズレター(No.5)が発行されました。

日本福祉心理士会ニューズレター(No.5) [PDF] 

<記事の概要>

特集1:「福祉心理学とは?―会員の実践・研究から(4)―」
・心理士(福祉心理士)と多種福祉専門職との協働について(「感覚運動訓練」「動作法」を通して)
  請井征力(社会福祉法人 佑啓会ふる里学舎五井 療育相談員)
・福祉心理学と私の仕事
 生川善雄(元千葉大学教育学部教員)
・医療の現場における多職種連携
  沼初枝(立正大学心理学部臨床心理学科教員)
・障害をもった子どもを早期から,しかも長期にわたって,定期的にみることの必要性
  水口進(常磐大学大学院人間科学研究科,常磐大学人間科学部現代社会学科教員)
・乳幼児健診における心理相談
  松山朋子(保健センター心理相談員・東京都北区子ども未来課子育て専門相談員)
・療育に携わる専門家の研修プログラムの開発-CBRの視座から-
 有村玲香(鹿児島純心女子大学 国際人間学部こども学科教員)

■ (New!) 2017年5月26日(金) 福祉心理士資格認定委員会事務局移行のお知らせ

2017年度の資格申請はつぎの事務局が担当いたします。

 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1510
 埼玉学園大学人間学部心理学科 杉山雅宏研究室気付
 福祉心理士資格認定委員会事務局

 Eメール:m.sugiyama@saigaku.ac.jp

■ 2017年4月28日 日本福祉心理学会第15回大会開催のお知らせ(2)

2017年度年会費納入期限の延期について~研究発表予定者対象

「大会案内」の中で2017年度年会費を5月26日(金)までに納入することが発表資格となっております。現在、事務局の新システム導入並びに会費徴収の外部委託整備が図られており、年会費請求発送が5月連休明けの見込みとなっております。そこで、研究発表者の年会費納入期限をつぎに延期いたします。研究発表予定者は手続きのほどよろしくお願い申し上げます。

2017年度年会費納入期限
  変更前 5月26日(金)まで→変更後 6月16日(金)まで

■ 2017年3月7日 日本福祉心理学会第15回大会開催のお知らせ

大会テーマ:福祉現場の『実践』と『理論・研究』をつなぐ福祉心理学

会期:2017年7月8日(土)~9日(日)
会場:九州女子大学 弘明館・耕学館(福岡県北九州市八幡西区自由ケ丘1番1号)

<申込等期限>

  • 大会参加申込       :4月28日(金)まで
  • 研究発表申込       :4月28日(金)まで
  • 自主シンポジウム申込 :4月28日(金)まで
  • 論文集抄録原稿提出  :5月12日(金)まで
  • 大会諸費用払込     :5月26日(金)まで
  • 2017年度会費払込    :5月26日(金)まで

<ダウンロード>
1.大会案内 [PDF] 
2.参加申込票[PDF(差替版)] 
※参加申込票に一部不備がありましたので、ファイルを差替えました。
 参加申込票は【差替版】をご利用ください

■ 2017年3月6日 年会費請求書発送の遅れについて(お詫びとお願い)

会員各位
会費請求書発送の遅れ(お詫びとお願い)

日頃より本学会へのご理解とご協力に感謝申しあげます。
さて、例年、学会大会終了後、年会費請求の文書を発送してまいりましたが、事務局移転と会費徴収の外部委託に伴う事務作業に時間を要し、皆様への会費請求文書の発送が遅れ誠に申し訳ありません。
間もなく請求書類を発送いたしますが、遅れたこともありまして、平成28年度分と平成29年度分の2年間分のお支払いをお願いいたします。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

財務委員会 中山哲志

■ 2017年2月8日 日本福祉心理士会ニューズレター(No.4)の発行について

日本福祉心理士会ニューズレター(No.4)が発行されました。

日本福祉心理士会ニューズレター(No.4) [PDF] 

<記事の概要>

特 集1:福祉心理会役員紹介
特集2:福祉心理学とは?−会員の実践・研究から(3)−

  • 私の実践と研究(片岡玲子)
  • 私の留学生活と専門の教育と研究(鄭 仁豪)
  • 高校中途退学者からの学び(杉山雅宏)
  • 児童養護施設における心理職の役割(綱川弘樹)

<日本福祉心理士会事務局からのお知らせ>

  • シンポジウム『地域化する社会的養護−社会からのニーズを考える—』
    日時 2017年2月13日(月)13:00-15:00
    場所 茨城キリスト教大学
  • 基調講演『社会的養護を要する子どもの成長を支える』とシンポジウム『子どもの心と福祉臨床』
    日時 2017年3月12日(日)13:00-16:00
    場所 長崎国際大学
■ 2016年8月25日  学会誌『福祉心理学研究』第14巻 投稿論文募集について

1.受付期限 平成28年9月30日(金)
2.送付先 〒116-0011 東京都荒川区西尾久7-12 -16
      創文印刷工業(株)内
      「福祉心理学研究」編集事務局

     投稿論文募集についてダウンロード [PDF] 

 皆様からの奮ってのご投稿をお待ちしています。

■ 2016年7月13日 日本福祉心理士会ニューズレター(No.3)の発行について

日本福祉心理士会ニューズレター(No.3)が発行されました。

     日本福祉心理士会ニューズレター(No.3) [PDF] 

<記事の概要>
特 集:「福祉心理学とは?―会員の実践・研究から(2)―」
・学会創設の思いをつなぐ 中山哲志(東京成徳大学)
・福祉心理学に期待する私の思い 金城 悟(東京家政大学)
・DV被害者支援と心のケア 米田弘枝(立正大学)
・強度行動障害との出会いから 村本浄司(東京福祉大学)

■ 2016年3月17日 2016年度「福祉心理士」資格申請の手引き

「福祉心理士資格認定委員会」からつぎの3点につきお知らせいたします。

  (1) 2016年度から審査の類型がこれまでの4類型から6類型となり、
     新たに「准福祉心理士」の資格が認定されます。
  (2) 2016年度の資格申請期間は4月1日~6月30日となります。
  (3) 資格認定委員会事務局が下記へ移転しました。

     日本福祉心理学会 資格認定委員会事務局
     〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
     東京家政大学 金城 悟 研究室内
     Email: janphssikaku@gmail.com

※2016年度に資格申請を希望する会員は「学会資格」のページを確認いただき、資格認定委員会事務局まで申請書類をEメールにてご請求ください。

■ 2016年3月1日 日本福祉心理学会第14会大会のホームページが開設されました。

第14回大会ホームページ: http://janphs14.org/ 

※参加申込希望者は大会ホームページから「参加申込票」をダウンロードし、必要事項を記入した上、5月6日(金)までにお申し込みください。

  • 参加申込期限:5月6日(金)まで
  • 研究発表申込期限:5月6日(金)まで
  • 抄録原稿申込期限:5月13日(金)まで
  • 自主シンポジウム申込期限:5月6日(金)まで

開催:2016年7月2日(土)~3日(日)
会場:筑波大学 筑波キャンパス 大学会館A棟

<大会ホームページから大会案内及び各種申込書がダウンロードできます>

  1. 大会 案内資料・プログラム
  2. 参加申込票
  3. 福祉心理学会・自主シンポジウム様式(テンプレート)
  4. 福祉心理学会・ポスター様式(テンプレート)
■ 2015年12月30日 日本福祉心理士会ニューズレターの発行について

日本福祉心理士会のニューズレターが発行されました。
日本福祉心理士会ニューズレター(No.2) [PDF] 

<記事の概要>
特 集:「福祉心理学とは?―会員の実践・研究から(1)―」
福祉心理学会は2002年に準備委員会が発足し、2003年に第1回の大会が開催されました。現在、13年目を迎えるまだまだ新しい学会です。そのため、学会の基盤とする「福祉心理学」という学問体系についても定義、理念、理論、対象、領域などは十分に定まっておらず、発展途上にあります。
「福祉心理士」は日本福祉心理学会が認定する資格であり、福祉サービスを利用する人のアセスメンを行ったり、サービス利用者やその家族、そして、そこで働く職員の福祉心理相談・ 支援を行ったりするうえで専門家として求められる基礎学力と技能を修得していると本学会が認定した人のことです(HP)。しかし、その実際は十分に周知されているわけではありません。
ニューズレター委員では、会員の実践・研究から発展途上にある福祉心理学や福祉心理士について浮き彫りにしようと本特集を企画しました。各会員から、読み応えのある原稿が届いています。ぜひ、ご覧ください。
次号以降もこの企画を継続していくことを考えています。みなさまからの積極的なご意見もお待ちしております。

  • サポート・バンクを豊かに!
      十島 雍蔵   (社会福祉法人 吾子あこの里 理事長)
  • ダウン症青年の社会的自立について
      宮本 文雄   (東日本国際大学福祉環境学部)
  • 社会的養護の現場における福祉心理学の課題と展開
      大迫 秀樹   (九州女子大学 人間科学部)
  • 福祉心理学に期待する私の思い
      大西 良     (長崎国際大学 人間社会学部 社会福祉学科)
  • 児童相談所での児童心理司
      高田 真規子  (東京都世田谷児童相談所)
  • 放課後児童クラブと子ども家庭支援について
      田中 周子    (立正大学心理臨床センター)
  • 事務局からのお知らせ
    1.  関東地区研究会・研修会の開催
    2.  九州地区研究会・研修会の開催
    3.  福祉心理士会第2回全国大会の開催
■ 2015年11月16日 福祉心理学会第14回大会(案内)
  • 日時:2016年7月2日(土)~3日(日)
  • 会場:筑波大学 筑波キャンパス 大学会館 A棟
    (アクセスマップ:http://www.tsukuba.ac.jp/access/
  • テーマ:「日本における乳幼児保育・教育・福祉を展望する」(仮)
  • 大会準備委員会 委員長 鄭 仁豪 ・ 事務局長 山中 克夫
  • 大会案内の送付:2016年1月(予定)
2015年9月15日 第13回大会「大会案内」について

大会案内がダウンロードできます。

<掲載記事の内容>
(1)ご挨拶
(2)大会スケジュール
(3)特別企画
(4)自主シンポジウム
(5)研究発表(ポスター発表)
(6)研究発表(口頭発表)
(7)参加者へのご案内

     大会案内ダウンロード [PDF] 

2015年9月9日 学会誌発行に関するお知らせ

「福祉心理学研究」第12巻発行と第13巻の投稿論文募集について

※第13巻の論文の投稿〆切を10月13日(火)に延長しました。
 皆様からの奮ってのご投稿をお待ちしています。

     投稿論文募集についてダウンロード [PDF] 

■ 2015年7月30日 第13回大会 申込票ダウンロードのお知らせ

第13回大会の「大会参加申込票」「研究発表(ポスター発表)申込票」「研究発表(口頭発表)申込票」「自主シンポジウム申込票」がダウンロードできます。

     申込票ダウンロード [Word] 

大会実行委員会事務局長 鈴木 康明
yasuzuki@ed.tokyo-fukushi.ac.jp

■ 2015年7月1日 第1号通信発行と締切期限変更のお知らせ

第1号通信を会員宛に発行いたしました。参加申込等の期限が 6月1日付のホームページに掲載された期限から変更となりましたので、 第1号通信の諸手続きをご確認いただき、ご注意くださいますよう願い申し上げます。 多くの会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<期限変更>

  1.  大会参加・研究発表・自主シンポジウム申込期限:8月3日(月)
  2.  研究発表・自主シンポジウム抄録原稿提出期限:8月18日(火)
■ 2015年6月15日 学会後援「公開シンポジウム」開催のお知らせ
  • テーマ:手をとり合おう!教育と福祉!~共生社会の実現を、教育と福祉から考える~
  • 日 時:7月18日(土) 13:00-15:00
  • 会 場:東京成徳大学 AVホール
  • 参加費:無料 ※当日参加可
  • 資料 [PDF] 
■ 2015年6月1日 日本福祉心理学会第13回大会準備委員会からのお知らせ
    ~大会参加・研究発表申し込み期限及び研究発表原稿提出期限の変更について~

先にお葉書にてお知らせいたしておりました日本福祉心理学会第1号通信の発送が遅れておりますこと、心からお詫び申し上げます。
遅れてはしまいましたが、大会の日時は10月11日(日)12日(月・祝日)(なお、10日(土)は福祉心理士の研修会の予定)と変わらず、発表申し込みや原稿の締め切りのみ変更をお願い申し上げます。
誠に勝手なお願いで恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
また、研究発表はポスターのみでなく、口頭発表もできないかと現在考えており、それに関しましても1号通信でお知らせ申し上げます。

  1.  大会参加・研究発表申し込み期限:7月10日(金)
  2.  研究発表原稿提出期限:7月31日(金)

なお、第1号通信の発送は、6月中旬となります。論文集発送は、9月中旬を予定いたしております。

大会実行委員会事務局長 鈴木 康明
yasuzuki@ed.tokyo-fukushi.ac.jp

■ 2015年5月27日 福祉心理士会「公開研究会・シンポジウム」開催のお知らせ
  • テーマ:テーマ:明日の社会的養護を語る~児童福祉の現場から~
  • 日 時:6月27日(土) 13:00-15:00  (12:30受付)
  • 会 場:茨城キリスト教大学 11号館11206教室
  • 参加費:無料 ※予約不要、当日参加可
  • 資料 [PDF] 
■ 2014年12月30日 日本福祉心理士会ニューズレターの発行について

日本福祉心理士会のニューズレターが発行されました。
日本福祉心理士会ニューズレター [PDF]